氏 名
高柳寛樹(たかやなぎ・ひろき)
現 職
株式会社ウェブインパクト 代表取締役社長
情報社会学者/ITストラテジスト
立教大学(大学院)/兼任講師(情報産業論、中小企業論等)
一般社団法人ネットリテラシー検定機構 理事
作曲家/編曲家
ブロガー
略 歴

1976年、東京生まれ。
立教大学社会学部社会学科卒業後、同大学院・社会学研究科社会学専攻・博士前期課程修了。(修士・社会学 ; M. Phil. [専門] メディア技術決定論、情報産業論、情報社会論、中小企業論)。

大学入学後、はじめてインターネットに出会い、漠然とインターネットを使ったビジネスに興味を持ちはじめる。大学院では、インターネットの技術的根幹を成すTCP/IPの技術決定・標準化に関する研究をする一方、実際のITビジネス界にフィールドを求めて入り込む。大学院修士課程1年目に株式会社ウェブインパクトの前身である、株式会社ウェブハット・コミュニケーションズを創業。代表取締役社長に就任。創業期は、モバイル・インターネットを柱としたISV(Independent Software Vendor)として、大手企業への提案・受託開発業務に徹する。

その後、この経験をもとにパッケージ製品の開発に投資し、3期目に「携帯電話とインターネットを利用した人材のシフト管理」システムである JobCommunicator®をクラウド・サービスとしてリリース。同時に、国内外において同製品の販売及びライセンシングに関する、アライアンス、パートナーシップ、OEM戦略などのチャネル展開を開始。Mobile Enterprise Software Company として、クラウド・サービスやエンタープライズ向けパッケージソフトを開発展開する。2004年12月には、ERPパッケージ「奉行シリーズ」で国内最大級シェアの株式会社オービックビジネスコンサルタント(東証1部:4733)とグループウェア「deskNET’S」で国内最大級のシェアを持つ株式会社ネオジャパン(東証M:3921)に対し第三者割当増資を実施。同時にストラテジック・パートナーとして共同事業を開始する。2006年5月、ネオジャパン社と共同開発の「JobCommunicator for desknet’s」をリリース。翌月には「INTEROP」で発表。その後も、「desknet’s Sync for smartphones」や「Talkee Talkee for desknet’s」など、desknet’sの専用モジュールの開発も行う。2006年2月、日本初の検索サイトである「CSJインデックス」を運営していた老舗ベンチャー企業、サイバースペース・ジャパン株式会社と経営統合。社名を株式会社ウェブインパクトとし、代表取締役社長に就任。現在に至る。

経営統合後、07年10月には、株式会社インプレスホールディングス(東証1部:9479)に第三者割当増資を実施。その後も、数々のクラウド・サービスの事業化を試みる一方で、全社員を対象に「ノマド・ワーキング制度」を導入や地方サテライトオフィスの拡大など、会社組織(智業集団)としての有り方を問うている。

一方、自らの経験から、ビジネスとアカデミアの協業関係にも強い関心を持ち、執筆・講演活動を通じて考えを述べている。02年4月には、第154回・国会・参議院「国民生活・経済に関する調査会~公的規制の緩和および起業促進にあたっての課題~」に実務家として、田坂広志氏(ソフィアバンク代表)、米倉誠一郎氏(一橋大学教授)とともに参考人招致される。

02年からは、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(MBA)兼任講師(現任)、社会学部兼任講師(現任)、経営学部兼任講師(了)、同ビジネスクリエーター創出センター研究員(了)を務め、情報社会論、情報産業論、メディア論、情報ネットワーク論、スタートアップストラテジー、ビジネスプレゼンテーション、中小企業論、などの切り口で、立教大学の他、電気通信大学、フェリス女学院大学、東洋大学、芝浦工業大学、他地方国立大学等の大学での講義や各種シンポジウムなどで講演も行う。(近年は主に「IT前提経営」をキーワードに適切なIT導入についての講演に力を入れている)。07年度は、東京都新宿区産業振興プラン策定会議委員他、公職多数。16年度からは立教池袋中学高等学校から招聘を受け、より若い世代への情報伝達のため教鞭をとる。

その他、主にミドルステージのベンチャー企業の取締役(社外)を複数兼務。一方で上場大手企業IT戦略担当顧問など、国内外を問わない様々な企業のアドバイザーも兼務する。

所属学会は、情報通信学会(2001年度・査読委員)、公共政策学会、日本ベンチャー学会、マス・コミュニケーション学会、ビジネスモデル学会、ビジネスクリエーター研究学会など。
自他共に認める極度な「introverts」(*1)である。

近著に『グローバル・コミュニケーション~キーワードで読み解く生命・文化・社会~』(分担執筆)ミネルヴァ書房『<グローバル化>の社会学~循環するメディアと生命~』(分担執筆)恒星社厚生閣、他。主な単著論文に『メディア産業における根幹技術の決定・採用過程と、それに働く「文化装置」に関する一考:テレビとインターネットの事例を中心に』『メディア技術のイノベーションと社会受容のパターンについての一考~地デジ化がもたらした人文的ディスクールの思考から~』『日本の情報産業を支えるソフトウェア産業におけるベンチャー企業のリスクと成長性の類型化の研究』『ウェブサービスの生態系:“ウェブエコシステム”の分析に関する一考察』『メディアの技術決定過程の研究における、「標準化」の類型-「オープン標準」という提案-』他多数。

07年から、株式会社板生総合研究所投資委員会投資委員(~13年)。09年4月から、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所研究員(~2013年3月)。また、ニューヨークを拠点に活動を展開する、グローバル・ビジネス・キャリア・ディベロップメントのコンサルティングチーム、EDUCOLOGY Consulting の日本代表(現任)、International Business Contest for Students OVAL(於・東京)やAI & BIGDATA HACKATHON(於・クアラルンプール)等の国際イベントで招聘審査員の経験も持つ。

音楽活動(兼業作曲家/兼業編曲家)
4歳の時にエレクトーンをはじめ、6歳からピアノも習いはじめる。同時に、作曲コンクール作品の書き始め、幼少期より創作活動をはじめる。高校3年の頃から、ゲーム音楽をはじめ、テレビ番組や演劇、アーティストに楽曲を提供したり、クラシック音楽の編曲等も行い、作曲家・編曲家の一面も持つ。2011年12月17日を皮切りに、オカリナ/ネイティブアメリカンフルート奏者の堀田峰明氏とチャリティーライブを開始し、12年度は、「ハタチ基金」チャリティーコンサート2012を開催。2013年は、志を共にする、一線で活躍中のイベントプロデューサー、音楽監督、舞台監督の協力を得て「ハタチ基金」チャリティーコンサート2013を、12月14日に時事通信ホールで成功させる。2014年からは恵比寿のart cafe Friendsで開催。チャリティーコンサートは2016年で連続6回目となる。普段の作曲活動では、人前でピアノを演奏することは皆無だが、このコンサートに限りプレーヤーの一人として舞台に立つ。日本アーティスト協会正会員。

趣味は、スキー、水泳、ピアノ、車。
スキーは学生時代にやっていたアルペンスキーに端を発し、現在はオフピステのパウダースノーを追い求めるバックカントリースキーに嵌り、シーズン中はノートPCを片手に北海道ニセコと白馬バレーに入り浸る始末。北海道ニセコひらふと長野県白馬バレーが自称ホームゲレンデ。元オリンピックスラローマーでプロスキーヤーの岡部哲也氏と岡部哲也のメールマガジン「be Dre@mer」を創刊(現在休刊中)。水泳は小学校から高校まで体育会。現在はボランティア選手育成コーチ。ピアノは幼少の時から現在まで。音楽にはプロとしても関わり続けている。(前述)。大のスポーツカー好き。学生時代は、ポンコツイタリアスポーツカーを自ら整備しならがら乗り継ぎ、以降も、欧州のスポーツカーを乗り継いでいる。メーカーやディーラーのメディア向け試乗会に呼ばれることも多くなり、ブログ等を通して批評もしている。

*1 「introverts」とは「内向的(型)人間」を指す言葉。米国の弁護士、スーザン・ケインのTED Talkに詳しい。

座右の銘:
秀才でなく、異端であれ。

好きな単語:
セレンディピティ(serendipity)

→ 本人へのご連絡事項は、お問合せフォームよりお願いします。

→ http://www.facebook.com/hiroki.takayanagi (Facebook) ※実際にお会いした方のみ承認させて頂いています。私の講義を受講した学生は、その旨、メッセージを必ず添えてください。SNS利用ルールに関する詳細の記述はこちらをご覧下さい。

https://twitter.com/buntydad (Twitter)